バージョンヒストリー

■ツールバーを改善しました(Windows)

・ツールバーを最小限モードで表示することができます。
・プログレスバーを追加しました。ソングの進捗状況を把握することができます。
・ドロップステーションに新しいボタンを追加しました。パートボタンをドラッグし、【+】ボタンにドロップ
 すると、ダイアログが開き、作成するファイルのオプションを設定することができます。
・「現行ソング」欄にリズムのノリや拍子も表示されます。
・【フリーズ】ボタンと【シンプル】ボタンを分けました。
・画面上部のパートボタンの右クリックメニューを整理しました。

■コードシートをさらに使いやすくしました(Windows)

・コードシートのレイヤーを右クリックすると、レイヤーを編集する為のメニューが開きます。
・追加コード記譜レイヤーに標準記譜(C、D、Eb 等)を表示することができます。
・追加コード記譜レイヤーにコンサートキーを表示することができます。
・コードシートの右クリックメニューに、小節を挿入したり削除するコマンドを追加しました。
・コードのフォント「BeStPlain」を追加しました。このフォントはコードのエクステンションを記号(例えば
Maj は△)で表現します。
・[Tab]、[Shift]+[Tab]キーでコードシート内を移動できます。
・コードシートにコードをタイプし、[Shift]+[Enter]キーを押すとコードを試聴できます。
・表示オプションダイアログの設定を開いたり保存する為のボタンを別々にしました。

 ■ソフトウェアシンセサイザー「Sforzando」が付属します

Sforzando(Plogue 社開発)は.SFZ 形式に対応したサウンドプレイヤーです。Band-in-a-Box ではMIDI
トラックのパートをHi-Q 楽器で再生する為のVST プラグインとして使うことができます。

■コードビルダーにコード理論表を追加しました(Windows)

コード理論表では、現行のキーに相応しいコードがリストされます。

■オーディオデモのボリュームを調整できます(Windows)

リアルトラック、リアルドラム、ユーザートラック、ループ、MIDI スーパートラックのオーディオデモを試聴
する際、必要に応じたボリュームで再生することができます。

■リアルドラムの機能を拡張しました(Windows)

・マルチドラム機能を追加しました。ドラムパートに複数の、ループ、ユーザートラック、リアルトラックを
 取り入れることができます。
・EverythingPAK にはドラムの単独楽器(例:タンバリンだけ、シェイカーだけ)が含まれています。
・ドラムパート以外のパートでもリアルドラムを使うことができます。
・リアルドラムを指定のタイムベース(半分、二倍、三倍)で演奏することができます。
・ショット・プッシュ・ホールド機能が、スタイルの変更やフリーズ中のリアルドラムにも対応します。


・「リアルドラムピック」ウィンドウが瞬時に開きます。

■リアルトラックの機能を拡張しました(Windows)

・スタイルとの相性を確認しながらリアルトラックを選択するダイアログに演奏オプション(ブルージー、
 シンプル、ホールド等)を追加しました。
・プログラムを初期設定にリセットしても、リアルトラックとリアルドラムのフォルダを維持できます。
・「リアルトラックピック」ウィンドウが瞬時に開きます。
・世界最先端技術を誇るElastique の最新バージョンを使って、リアルトラックがより正確にテンポ伸縮
 や移調を行います。
・12 のキーで録音したリアルトラックを加えました。(EverythingPAK のみ)
・リアルチャートを改善しました。ギターの奏法テクニック(ベンド、スライド、プルオフ、ハンマーオン)が
 タブ譜に表示されます。

■ユーザートラックの機能を拡張しました(Windows)

・3/4 拍子ワルツに対応します。
・コードを休止することができます。
・指定のタイムベース(半分、二倍、三倍)で演奏することができます。
・「スラッシュコードのスラッシュルートを弾かない」機能に応じることができます。
・「移調しない」の機能に応じることができます。

■ループ素材の機能を拡張しました(Windows)

・コードを休止することができます。
・指定のタイムベース(半分、二倍、三倍)で演奏することができます。
・ループ素材をドラム楽器と一緒にドラムパートで使用することができます。(マルチドラム)

■ノーテーション機能を拡張しました(Windows)

・ギターの奏法テクニック(ベンド、スライド、ハンマーオン、プルオフ)をタブ譜に表示することができます。
・楽譜編集モードで現行位置が黄色で鮮明に表示されます。
・「音符の編集」ダイアログで簡単に強制臨時記号を選択できます。
・画像プレビューの幅と高さを変える際、幅と高さの比率を維持することができます。
・コードをRealScore やBeStPlain のフォントで表示することができます。
・MusicXML(楽譜ファイルのインポート・エクスポート)の機能を改善しました。Finale、GuiitarPro、
 Sibelius との互換性を高め、より多くのコードタイプや奏法テクニック(ギターベンド、ハンマーオン、プ
 ルオフ、スライド)を読み込めるようになりました。

■「自然な伴奏」オプションを追加しました(Windows)

プロは、複雑なエクステンション(C7b9b13 やGm11 等)を近いエクステンションで置き換えることに
よって、無理のないスムーズな演奏を行うことがあります。Band-in-a-Box もこのようなコードの解釈を
行うことができます。

■MME オーディオドライバへの出力を常にオンにするオプションを追加しました(Windows)

■EverythingPAK にはボーナスパックが付属します(Windows)

ボーナスパックには下記の素材が含まれています。
・リアルトラック20 種 (メキシコ、ロック、ジャズ:ナイロンギター、エレキギター、ハープ、オルガン、ペダ
 ルスチール、ピアノ、ビウエラ)
・リアルドラム4 種 (メキシコノルテーニョ、コンガジャズスウィング、パンククラッシュ、パンクロック)
・MIDIスーパートラック34 種 (ポップ、ソウル、カントリー、フォーク、ジャズ、ファンク、ブルース: ピアノ、
 アコーディオン、オルガン)
・器楽学習22 種 (器楽学習セット3~5:ベース、ギター、ピアノ、サックス、エレキギター、12 キーエレキ
 ギター)

この他にもたくさんの新機能を取り揃えています

■スタイルピックウィンドウが生まれ変わりました!(Win/Mac)

・有名な曲に似たスタイルを探せます。
・ウィンドウサイズを変更できます。
・リストの文字のサイズを変更できます。
・リストの並べ替えができます。
・ウィンドウ内でフィルターの条件を指定できます。

■コードシートが新しくなってさらに使いやすくなりました!(Win/Mac)

・ツールバーのコード表示欄をなくしました。 タイプ中のコードはコードシートに表示されます。
・マウスのカーソル位置が分かりやすくなりました。
・マウスを使わずPC キーだけでで範囲を選択できます。
・各小節に対して追加の情報を記載する為の「レイヤー」を表示できます。
・コードシートのすべての要素の色を選択できます。
・パートマーカーの色にグラデーションを適用することができます。
・小節番号の表示頻度を設定できます。 (以前はどの小節にも小節番号が表示されました。)
・小節線を表示することができます。
・サスペンド2 コードをsus2 コードとして、サスペンドコードをsus4 コードとして表示できます。
・拍子にそぐわないコードを薄く表示することができます。
・コードのエクステンションを上付き文字で表示できます。(例 Gb)

■オーディオ編集ウィンドウの機能を拡張しました(Win/Mac)

・オーディオデータがステレオの場合、波形が2 本表示されます。
・マウスホイールを使って波形をズームできます。
・サンプルレベルまで波形をズームインできます。
・オーディオメニューの編集機能を使う際、オーディオ編集ウィンドウで選択した範囲が自動的に
認識されます。

■MusicXML 形式のファイルを開いたり保存できます!(Win/Mac)

楽譜編集プログラム(Finale、Sibelius、Guitar Pro 等)で作成したMusicXML ファイルを開いたり、Band-in-a-Box で作成したソングをMusicXML ファイルとして保存することができます。

■ 複数のパートで同じ楽器が表示される場合、パートボタンに数字が付きます(Win/Mac)

■ギターウィンドウを改善しました(Windows/Mac)

・ウィンドウのサイズを変えると、フレットボードも適切なサイズに自動調整されます。
・現行ソングをギターカポで移調すると、フレットボード上にギターカポが表示されます。
・ノーテーションウィンドウのタブ譜は、選択したギターカポによって調整されます。

■ リアルトラックの演奏オプションを追加しました(Win/Mac)

・スラッシュコードのスラッシュルートを弾かないよう設定できます。(例えばC/E のコードでは/Eを無視してC だけを弾くことになります。)
・リアルトラックを移調しないよう設定できます。

■リアルトラックのプッシュを改善しました (Win/Mac)

 リアルトラックがコードをプッシュする際、テンポに合ったタイミングで以前より遅れて演奏するようになりました。

■相対的音符名の表示を改善しました (Win/Mac)

■現行の設定をスタイルとして保存する際、ループ素材の変更が反映されるようになりました(Win/Mac)

■待望の J ポップスタイルが加わりました!(EverythingPAK のみ)(Win/Mac)

 J ポップの他、K ポップ、ドイツポップ(シュラガー)等、ユーザーからのリクエストにお応えしました。

■EverythingPAK にはボーナスパックが付属します(Win/Mac)

ボーナスパックには下記の素材が含まれています。

・リアルトラック16 種 (チェロ、ギター、エレキギター、リゾネータギター、ピアノ、サックス)
・リアルドラム8 種(サーフポップ、モータウン、ロックンローン、ファンク)
・MIDIスーパートラック11 種 (オルガン、ピアノ、エレキピアノ)
・器楽学習19 種 (器楽学習セット2:ベース、ギター、ピアノ、サックス)
・アーティストビデオパフォーマンス3 種 (Jack Stafford サックス:インディアナ、リズムチェンジ、ジャズブルース)

※Mac版24で新規追加された機能

■AU、VST プラグインをサポート

 

・各パートに対してソフトウェアシンセサイザーを選んだり、エフェクトを追加することができます。
・.sfz 形式のサンプルプレイヤーsforzando(制作元:Plogue)が付属します。
・sforzando で使用できるHi-Q 音色セットを用意しました。

■反復記号を表示できます

・コードシートやリードシートでリピートマークや1 カッコ/2 カッコ、DS al Coda 等の反復記号を入力・表示することができます。
・ソングを分析し、必要な反復記号を自動検出することができます。

■歌声を合成できます!(インターネット上のフリーの歌声合成システム Sinsy に連結)

メロディーに付けた歌詞に基いて歌声を合成することができます。

この他にもたくさんの新機能を取り揃えています

■動画を開けます! (Win/Mac)

お手持ちの動画を Band-in-a-Box で開くことができるようになりました。 画像は動画ウィンドウに表示され、音声はオーディオパートに開きます。 

■コードシートを動画として保存可能に(Win/Mac)

■jBridge を使用して64 ビットの VST に対応(Winのみ)

今まで、32 ビットのプログラムである Band-in-a-Box では、64 ビットの VST プラグインを使えま せんでしたが、jBridge を使うことで 64 ビットの VST が使えるようになりました。(jBridge は付属 商品ではありません。jBridge の開発元か PG Music のサイトで購入することができます。) 

■インターフェイスを改善しました! (Win/Mac)

・パートボタン(画面上部とミキサーウィンドウ内)の名前を、パート名(ベース、ピアノ、メロディー 等)でなく、現行の楽器名(マリンバ、オルガン、サックス等)で表示したり、自分で付けることができます。 

・スタイルピックウィンドウ、リアルトラックピックウィンドウ、ソリスト選択ダイアログのリストの文 字を半角カタカナから全角カタカナに書き替えました。

・たくさんのダイアログで、ボタンやオプションの位置を整理しました。

■ループ素材の機能を拡張しました! (Win/Mac)

・なんと 1000 個以上の素材が付属します。モダンポップ、テクノ、ダブステップ、ワールドビート 等のドラムビートやベースリフ等、お探しの素材がきっと見つかります。

・WAV ファイルに書き込まれた ACID 情報が認識され、自動的にダイアログ内に表示されます。

・ループ素材として使えるファイル形式を増やしました。WAV、WMA、MP3 に加え、MP4、M4A にも対応します。 

■現行スタイルとの相性を確認しながらリアルトラックを選択!(Win/Mac)

リアルトラックがどの程度現行スタイルに合うかを示すダイアログを追加しました。 リズムのノリ、ジャンル、テンポ、拍子が同じものから順にリストされます。 例えば現行スタイルがテンポ60のジャズスウィングバラードの場合、テンポ60のジャズスウィングのリアルトラックが上の方に、速いヘビメタのリアルトラックが下が方にリストされます。

■超シンプルなリアルトラックを生成できます! (Win/Mac)

リアルトラックピックウィンドウの「ホールド」オプションをオンにすると、選択リアルトラックは次の コードチェンジまでホールドコードし、かなりシンプルな伴奏をします。 

■ミキサーウィンドウの機能を拡張しました! (Win/Mac)

■リアルドラムの機能を拡張しました! (Win/Mac)

■ノーテーションウィンドウの機能を拡張しました! (Win/Mac)

■イベントリストダイアログに機能を追加しました!(Win/Mac)

■録音ダイアログ内で録音先パートを切り替えられます! (Win/Mac)

■スタイルピックフィルターダイアログを開いたままフィルターを反映できます! (Win/Mac)

■キーの変更に伴い、オーディオパートを移調できます! (Win/Mac)

■インターフェイスを一新!(Win/Mac)

  • ツールバーのボタンをすべて新しくし、機能別に配置しました。
  • ソングボタンとスタイルボタンを分割ボタンにしました。
    ボタンの上部を押して規定*の動作でファイルを開き、下部を押してその他の方法でファイルを開きます。(*規定の動作は変更可能)
  • ドロップステーションを四分割し、作成するファイルの形式を選べるようにしました。
  • スタイルエリアで現行スタイルのメモや使用楽器をご覧いただけます。
  • 「コンボ」ボタンの名前を「バンド」に付け変えました。
  • シンセエリアとピアノ鍵盤をなくし、ミキサーウィンドウに統合しました。
  • ハーモニーエリアや各種の切替ボタン(ループ、ウィザード、フェイクモード等)をツールバーのボタン内にまとめました。
  • コードシートをポップな感じにしました。全体の色を白にしました。
  • パートマーカー付きの小節番号の背景色を優しい色彩にしました。
  • パートマーカーが付いていない小節番号にも色を付 けました。
  • コードの初期設定フォントを手書き風(BigBand)にしました。

■現行スタイルとの相性を確認しながらリアルトラックを選択!(Win/Mac)

リアルトラックがどの程度現行スタイルに合うかを示すダイアログを追加しました。 リズムのノリ、ジャンル、テンポ、拍子が同じものから順にリストされます。 例えば現行スタイルがテンポ60のジャズスウィングバラードの場合、テンポ60のジャズスウィングのリアルトラックが上の方に、速いヘビメタのリアルトラックが下が方にリストされます。

■使いやすくなったミキサーウインドウ(Win/Mac)

  • ツールバーやコードシートの邪魔にならないよう、ウィンドウをツールバーの右に固定しました。
  • ボリューム、パン、リバーブ、トーン、楽器を同じタブ内にまとめました。
  • [ピアノ] のタブを追加しました。各パート(MIDIトラックか、リアルチャートを含むリアルトラク)の演奏を鍵盤上でご覧いただけます。
  • VUメーターを追加しました。各パートの出力状況をご覧いただます。
  • フリーズボタンを追加しました。フリーズの状況を見たり、切替ができます。
  • 使用頻度が比較的低いスルーパートとオーディオパートは必要な時だけ表示できるようにしました。
  • ウィンドウの一番下で、マスターボリュームを調整できます。現行ソングまたは全ソングに関して、実際のボリュームに対する増減量で調整します。

■歌声合成機能を搭載(Winのみ)

フリーの歌声合成システム Sinsy の技術を取り入れました。メロディーに付けた歌詞に基づい て、日本語または英語の歌声を合成できます。(完全自動で実行するか、Band-in-a-Box が作 成する楽譜ファイルを Sinsy のウェブサイトにアップロードします。)

■リアルトラックを自分で作成! 名付けて「ユーザートラック」!(Win/Mac)

リアルトラックは、プロのミュージシャンの演奏を録音したものですが、ユーザートラックは、文字 どおり、ユーザー自身(貴方またはユーザー仲間)の演奏によるものです。Band-in-a-Box 等 の DAW プログラム内で楽器の演奏を録音し、簡単な指示に従ってファイルとフォルダを作成す ると、リアルトラックと同じように使えます。

■スタイルのオーディオデモ機能を改善!(Win/Mac)

  • インターネットブラウザも 他のプレイヤー も開かず、デモを瞬時に再生します。
  • 外部プレイヤーでなくスタイルピックウィンドウ内のコントロールボタン(再生、停止、巻き戻し等)を使って直接デモの再生を操れます。
  • 以前、デモはすべて PG Music のサーバーに保管されていましたが、新バージョンではハードドライブにも保存され、可能な限りハードドライブ内のデモが再生されます。
  • スタイルピックウィンドウ内のスタイルをダブルクリックしてデモを試聴できます。
  • スタイルがMIDIドラムとリアルドラムの両方を備えている場合、各々のデモを試聴できます。

■MIDIスーパートラックの登場(Win/Mac)

MIDIスーパートラックはMIDIトラックやリアルトラック同様、どのパートでも取り入れることができ、どんなコードやスタイルにも対応できます。 「スーパー」という名前が付いているのは、、普通のMIDIトラックより高度なエンジンでできているからです。普通のMIDIトラックはC7パターン上でプログラミングしたデータが使用されますが、MIDIスーパートラックは本物のミュージシャンの演奏をMIDI録音して作成したデータが使用されます。

■現行スタイルとの相性を確認しながらリアルトラックを選択!(Win/Mac)

リアルトラックがどの程度現行スタイルに合うかを示すダイアログを追加しました。 リズムのノリ、ジャンル、テンポ、拍子が同じものから順にリストされます。 例えば現行スタイルがテンポ60のジャズスウィングバラードの場合、テンポ60のジャズスウィングのリアルトラックが上の方に、速いヘビメタのリアルトラックが下が方にリストされます。

■どのパートでも「パフォーマンストラック」として保存可能!(Win/Mac)

この機能は、お馴染みのフリーズ機能を一歩前進させ、選択パートをパフォーマンストラック(オーディオファイル)として保存します。 パフォーマンストラックを再生するにはソングの作成時に使ったスタイルやリアルトラックが不要ですので、それらを持っていないユーザー仲間にもソングを聞いてもらえます。

■アーティストパフォーマンスをご用意!(Win/Mac)

プロの演奏(アーティストパフォーマンス)をメロディーパートに組み込んだソングをたくさん用意しました。 「Artist Performance Sets」フォルダに保存されているソングを開き、楽譜やギター譜を見ながら本格的な演奏を学んでください。

■音楽共有サイトSoundCloud.comに連結(Win/Mac)

完成した曲を SoundCloud.com にアップロードしてはいかがですか。たくさんの人に聞いてもらうチャンスです!

■ギターウィンドウの機能を拡張!(Win/Mac)

ベーストラックを4弦のフレットボードで表示できます。

■ソング形式の作成(コードを簡単に並べ替え)!(Win/Mac)

ソングを区分けし、好きな順序に全体を並べ替えることができます。 例えば1~8 小節を A区分、17~25 小節を B区分、33~37 小節を C区分と定義した後、AABACABAの順で並べ替えるといったことが可能です。

■新しいコードタイプをお試しください!(Win/Mac)

ディミニッシュトライアドコード「dim5」(1度、♭3度、5度で構成)、アッド2コード「add2」(1度、2度、3度、5度で構成)、マッド2コード「madd2」(1度、2度、♭3度、5度で構成)を使用できます。(注意: MIDIスーパートラック、リアルトラックの中にはこれらのコードタイプに対応できないものがあります。その場合、dim5 は dim7、add2 は sus2 として扱われます。)